顎ニキビ ひどい

痛い・ひどい顎周りニキビの治し方

顎周りの痛い・ひどいニキビの症状には、具体的にどう対処すれば良いのでしょうか。
それには、以下の3つの治し方を実践してください。

 

毛穴をひらかせて洗顔する

 

洗顔時、入浴時には、温かいお湯をつかうようにしましょう。
顎周りの毛穴をひらかせて、老廃物を除去することが目的です。

 

毛穴の詰まりが、アゴまわりの痛い・ひどいニキビの症状の原因です。
そのため、毛穴をひらいてしっかり排出することが有効なのです。

 

保湿

 

肌が乾燥すると、炎症などの痛い・ひどい症状の原因となります。
というのも、肌が乾燥すると皮脂が大量に分泌されるからです。

 

生体反応として、肌を保湿するために
皮脂を分泌する命令が身体から出てしまうのです。

 

大量に出た皮脂は、毛穴に詰まってしまい、
炎症・痛み・痒み・しこりなどの痛い・ひどい症状の原因となります。

 

さらに、乾燥すると肌がカサカサになって傷ついたり、
毛穴がひらいてしまって空気中のゴミが入りやすくなってしまいます。

 

そのようなおそれを防ぐために、保湿を徹底するようにしましょう。
浸透力の高い保湿剤をつかえばベストです。

 

ストレスフリーの保湿剤

 

肌を傷つけないようにするため、
ストレスフリー(刺激の極力少ない)保湿剤をつかいましょう。

 

界面活性剤など、刺激物のないこだわりの保湿剤がベストです。

 

 

 

痛い・ひどい顎周りニキビに!おすすめアイテムの実力ランキング!

 

ルナメアAC

富士フイルムの限定キット

 

あの富士フイルムが、顎ニキビ撲滅のために本気を出した!
もっちもちのタップリ泡での洗顔がとっても気持ちイイ!

 

とってもお手頃価格の限定キット!

 

 

>>ルナメアACの詳細はコチラ<<

 

実力No.1!富士フイルムの本気製品!迷ったらコレ!!

 

ビーグレン【b.glen】

ロングセラーのトライアルセットがついに登場!

 

リピーター続出中!満足度98.7%の超人気ロングセラー。
ビーグレン【b.glen】の7日間トライアル4点セットがついに登場!

 

使ったあとでもOKの365日間・全額返金保証付き。

 

 

>>ビーグレン【b.glen】の詳細はコチラ<<

 

まずは低価格のアイテムから試したい!というアナタに!

 

Nov

美白も同時に!一石二鳥の顎ニキビケア

 

顎ニキビのひどい・痛い症状をケアしつつ、美白も同時にできます。
臨床皮膚医学に基づいてつくられた実力派アイテムが、このNovです。

 

そんなNovは、@cosmeの口コミランキング第一位!

 

 

>>【Nov】の詳細はコチラ<<

 

美白も同時にやりたい!そんなアナタに!

 

メルライン【MELLINE】

高いけど顎ニキビ専用の実力ナンバーワンアイテム!

 

日本でナンバーワンの売上実績がある、顎ニキビ専用のケアアイテム。
顎ニキビのひどい・痛い症状に悩んでいる利用者からの満足度は、なんと91.3%!

 

 

口コミを見ても、痛い・ひどい状態だったのに顎ニキビが良くなった!の声が多数!
180日間の返金保証制度も!

 

 

>>メルライン【MELLINE】の詳細はコチラ<<

 

予算があれば、顎ニキビのひどい・痛い症状にコレ!

 

 

 

痛い・ひどい顎ニキビの原因

 

「顎周りのニキビが痛い・ひどい・・・」
「なんども再発を繰り返して、大量にできている・・・」
「炎症が起きて、赤くなってしまっている・・・」
「痛いしかゆいので、いつも気になってしまっている・・・」

 

そんな顎周りの痛い・ひどいニキビで悩んでいませんか?
実は、顎周りはニキビができてしまいやすい箇所なんです。

 

それだけでなく、顎周りはニキビが慢性化してしまいやすい箇所。

 

繰り返し再発してしまいやすいので、
気が付くと痛い・ひどい状態に陥りやすいのです。

 

痛い・ひどい顎ニキビの症状

赤くなって痛い・ひどい状態になっている

「顎周りのニキビが痛い・ひどい・・・」という悩みを抱えている人のほとんどは、
赤くなってしまっている状態の人が多いでしょう。

 

なぜ、赤くなってしまうのでしょうか。
それは、炎症を起こしているからにほかなりません。

 

目に見えないゴミ・汚れ・ばい菌などが毛穴に詰まってしまい、
その結果炎症が起きて、痛い・ひどい顎ニキビの原因になってしまっているのです。

 

痛い・かゆいといった症状があらわれてしまい、
大量にできたり、慢性化してしまいやすいです。

 

しこりになっている

炎症して赤くなった状態を放置しておくと、
固くなってしまい、大きいしこりニキビになってしまう可能性があります。

 

そうなってしまうと、肌に凸凹状の跡が残ってしまいます。

 

さらに、色素沈着によって黒ずんだ肌になる可能性もあるため、
ほうっておかずにきちんとしたケアが必要になります。

 

以上のような痛い・ひどい症状の顎周りニキビに対しては、
まずさわらないようにしましょう。つぶしてしまうのもやめましょう。

 

「痛いし、かゆい・・・」「赤みが気になる・・・」
ついつい気になって触ってしまいますが、まずは触らないようにすることが重要です。

 

それはなぜかというと、
手に付いているゴミや汚れなどが、毛穴に侵入するのを防ぐためです。

 

毛穴に不純物が入り込んでしまうと、症状が悪化してしまいます。
再発の原因にもなりますので、極力さわらないようにすることが大事です。

 

また、つぶすのはやめましょう。
つぶしてしまっては、あとが残ってしまうからです。

 

特に、顎周りのニキビは再発しやすいので、
つぶしたところでまたできてしまう可能性が高いのです。

 

重要なのは、根本的な解決策。
つぶすのは対処療法にしかならないため、控えるようにしましょう。

 

 

顎周りのニキビがひどい・痛い状態になりやすい理由

 

顎周りは、ニキビが痛い・ひどい状態になりやすい、といわれています。
その理由は、いったい何なのでしょうか。

 

汗をかきにくい箇所

実は、顎周りに関しては、汗をかきにくい箇所です。

 

汗腺が少ないため汗をかきにくく、
毛穴の中につまった汚れを排出しにくい、というのが原因
です。

 

そのまま毛穴を塞いでしまい、顎周りニキビの原因となる上、
炎症が起きて痛い・ひどい症状になってしまうのです。

 

新陳代謝の乱れ

血行不良が起きると、肌の新陳代謝(ターンオーバー)のリズムが乱れます。

 

人によっては、新陳代謝がうまくいかなくなってしまった影響が、
アゴまわりにあらわれてしまうことがあります。

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れると、アゴまわりにその影響が現れる場合があります。

 

たとえば、アゴまわりの皮脂の分泌量が多くなってしまい、
毛穴をふさいでしまう、などの症状
が代表的です。

 

毛穴に詰まった皮脂を栄養として、原因菌となるアクネ菌が増殖してします。
そして炎症を起こして、顎周りのひどい・痛いニキビの原因となってしまいます。

 

女性は生理の前後にホルモンバランスが乱れることが多く、
顎周りニキビがひどい・痛い症状になるのもこのタイミングと一致することが多くあります。

 

 

痛い・ひどい顎ニキビの治し方

痛い・ひどい症状になってしまった顎周りのニキビは、
以下の3つのポイントを守って対処しましょう。

 

3つの基本原則

さわらない

できる限り顎周りニキビをさわらないようにすることが大切です。

 

顎周りの皮膚を傷つけたり、
毛穴にゴミや汚れ、ばい菌などが入り込まないようにするためです。

 

つぶさない

「アゴまわりのひどい症状で悩んでいる・・・」という場合、
たいていの場合はニキビが慢性化してしまっているでしょう。

 

顎周りニキビは、つぶしても再発してしまうでしょうし、
つぶすと跡が残ってしまうので、いいことはありません。

 

そのため、顎周りニキビをつぶすのはやめましょう。

 

放置しない

赤くなったり、しこりニキビになったりなど、
顎周りの症状がひどい・痛い、というときは炎症が起きています。

 

炎症を放置しておくと症状がさらにひどい状態になるので、
きちんとした顎周りニキビのケアをする必要があります。