肌のキメを整える保湿方法

肌のキメを整える保湿方法

「肌のキメをふっくら整える」というようなフレーズを、
よくテレビCMや女性誌などで見かけませんか。

 

実際に肌のキメというのは、いったい何でしょうか。

 

お肌をよく見ると薄い三角形の溝のような感じでびっしり埋まっています。
キメが荒いと、その三角形が大きくなってしまいます。

 

キメが細かい状態だと三角形がとても小さく、細かい状態になります。

 

毛穴も目立たずにつるんとした状態を保っていて、
透明感のある肌になるのです。

 

肌のキメを整える正しい保湿ケアは、ひとことで言うと、

 

「たっぷりの化粧水で水分を与えて、
乳液やクリームで油分を補給して乾燥を防ぐ」、

 

というものです。

 

もうひとつ、紫外線はお肌のターンオーバーを妨げてしまいます。

 

ターンオーバーの周期が乱れて遅くなり古くなった角質が残ったり、
逆に早くなりすぎてキメが乱れる原因になります。

 

そのため夏場は特にですが、年中紫外線(UV)対策を行い、
月に何度かピーリングを行って古い角質を取り除く、ということが大切です。

 

ピーリングを行うとお肌を触った感じもツルツルになって、
化粧水をグングン吸ってくれてファンデーションのノリも良くなります。

 

しかし、やり過ぎると逆効果になるので注意しましょう。

 

最後に、いくらお肌の表面を保湿して気をつけていたとしても、
「生活習慣の乱れ」は様々な肌トラブルの原因となります。

 

血流も悪くなってお肌がくすんだり、
ターンオーバーも乱れて元気がなくなってしまいます。

 

高栄養・低カロリーな食事、ストレスを溜めない生活、良質な睡眠を取る、
というような正しい生活習慣を維持して、お肌のキメを整えましょう。