ビタミンC誘導体でにきびを治す方法

ビタミンC誘導体でにきびを治す方法

「にきびにはビタミンCが効果的」だと言われています。

 

それは、コラーゲン線維の生成を促し、
さらに色素沈着の原因になるメラニン色素の生成を抑制し、
抗酸化作用によってにきびの炎症を抑える効果があるからです。

 

そのため「肌トラブルにたいへん効果的」だと言われる理由は
非常によくわかると思います。

 

ですがこのビタミンC、ただからだに取り入れるだけでは、
あまり効果的ではないんです。

 

そもそもビタミンCというのは分子がとても大きく、
そのままの状態では化粧水などとしてお肌につけたとしても、
肌の内側にまで浸透することはないのです。

 

そこで、お肌に浸透しやすい形に加工する必要があるのですが、
その加工された状態というのが、「ビタミンC誘導体」なんです。

 

この「誘導体」のかたちになってはじめて、
にきびを治すのに効果的な働きをしてくれるのです。

 

基礎化粧品などには、
ビタミンCが配合されているものが多く見受けられます。

 

しかし、それが「ビタミンC誘導体」なのかどうか、
という点を良くチェックしなければなりません。

 

もし「誘導体」でなければ、たとえ沢山入っていたとしても、
「にきびを治すにはあまり効果的でない」ということになってしまいます。