ホルモンバランスの乱れとストレス

ホルモンバランスの乱れとストレス

ニキビができると目立ちますし、早く治したくてもなかなか治らない、
とっても厄介なもののように感じるかと思います。

 

そんな嫌なニキビの原因ですが、
実は「ホルモンバランス」が大きく関係していたんです。

 

ホルモンバランスが正常であればよいのですが、
これが乱れてしまうことによって、ニキビの原因となるのです。

 

まず男性ホルモンについてですが、
これはニキビを悪化させてしまう原因となってしまうものなんです。

 

男性ホルモンはお肌のバリア機能を低下させてしまい、
更には皮脂の過剰分泌の促進させてしまいます。

 

つまり、ニキビができやすい肌質にしてしまうという特徴があるのです。

 

次に女性ホルモンについてですが、
これは美容を目指す人にとっては、心強い味方です。

 

美肌ホルモンとも呼ばれているぐらいなんですね。

 

というのも、皮脂の分泌を抑えてくれて、
更にお肌の水分量を保持してくれるという天然の保湿因子なんです。

 

女性ホルモンは、ニキビのできにくいお肌を作ってくれます。

 

このことからニキビ改善には、
より女性ホルモンの分泌を増やす必要があります。

 

ホルモンバランスの乱れの原因「ストレス」と上手に付き合う方法

 

ストレスというのは、生きていれば誰でも感じるものです。

 

ですが、このストレス、過剰に溜まればホルモンバランスを乱し、
ニキビをはじめ、さまざまなからだの不調を引き起こしてしまいます。

 

ストレスを感じないようにすることは難しいことですので、
発想を転換して、ストレスと上手に付き合うようにしていきましょう。

 

まず寝る前には入浴をしてからだを温め、しっかりと睡眠取るようにします。
実はこれだけでも、だいぶストレスの解消につながります。

 

日中に軽い運動を行うことで、睡眠をしっかりとることができますが、
この運動というもの自体、ストレス解消にとても効果的です。

 

そして、「趣味を持つ」ということもストレス解消になります。

 

かといって、ギャンブルやタバコ、お酒などは逆にストレスをためやすくなるので、
できれば他の趣味が良いですね。

 

視点をちょっと変えてみることもおすすめです。

 

例えば、「台風で雨が降ってしまった、何となく憂うつ」と考えるより、
「雨だから家でのんびりしちゃおう」と考えた方が、ストレスを感じにくくなります。

 

このような発想の転換が、
ストレスと上手に付き合う大切なポイントになります。